BAKS Clothing Co. (3)

クセモノの彼と摂食障害

大阪の音楽専門学校に進学したけれど、私は一人暮らしを許してはもらえず、片道2時間半かけて1年間通っていました。(交通費も出してもらえず。)

ようやく2年生になった時、仕送りも家を借りるお金も、生活費は一切いらないから

もうほーーーーーんとお願いだから、家を出してくれと懇願して

やっと、やーーーーと、念願だった一人暮らしの許可がでたんです。(後から、このタイミングでお父さんが会社を辞めた事を知る。家計的に出て行って欲しかったってやつ。笑)


念願の一人暮らしは、バイト先で出会った2つ上の彼がくっついてきたから、実質二人暮らしスタート。

この彼が曲者だった!!

色々あったことはココでは割愛しますが、別れ話をキッカケに自殺未遂?自傷行為?を家でするようになり、最終的には出て行ってもらえたものの

この時すでに、私も病んでしまっていました。

おかげ?で、毎晩お酒を飲んで過ごすようになり、お酒を飲めば空腹も気にならず、食べなくてもイケる方法を知ってしまったんです。

それからというもの、細身の体が更にどんどん痩せていきました。

そして、痩せていく自分が嬉しかったし

『痩せたね。』『細すぎるよ』は最高の褒め言葉で。

ゴハンを食べてない事がステータスというか、小食な私、イケてる!とさえ思ってたんですよね。

18-07-24-08-47-05-724_deco


カラダは正直。生理が止まる。

そして体重が39kgあったかなかったか、それくらいの時に生理がこなくなりました。

4か月間待ったけど依然やってこなくなって。ついに初めて産婦人科へ行って注射を打ってもらった時

『生理が来るにはある程度体重が必要なんです。』と言われたんですよね。

そんな事全く知らなかったし、体重なんて不必要だと思っていました。

でも、やっぱり生理がこなくて、2回目の注射。体は正直でした。

生理はやってきたものの、“太りたくない” という気持ちにずっと囚われたままの私は、この頃すでに

牛・豚・鶏の全ての肉、ご飯・パン・麺類などの炭水化物、砂糖が入ったもの、動物性・植物性油脂、芋類・人参・かぼちゃなどのGI値の高い野菜 を全て避けていました。

ただ “お酒は太らないもの” “空腹をごまかせるもの” というインストールがされていて、お酒を飲まない日はありませんでした。

食べて吐くことは毎日じゃないにしろ、これもまた習慣化していたんです。


沖縄時代

専門学校を卒業して、働いた先の音楽事務所にの上司が超絶クレイジーで笑 

朝まで心斎橋を梯子することがしばしば。

このクレイジーなT氏のおかげで私の人生は面白くなっていくのだけど、ココでは割愛して。

このT氏のとある一言がキカッケで私は沖縄でBARを始めました。21歳の春でした。(気になるよね、割愛した部分。笑)

BARのカウンターに毎日立つことは、毎日飲むこと。

相変わらずの乱れまくった食生活で。食べすぎて吐くことも相変わらず。

お店では食事も出していたので、味見は仕事。

ここで、口の中で咀嚼して飲み込まずにゴミ箱にペッて出す『チューニング』という技を体得しました(誰にでも出来るケド。笑)

この頃からちょっとづつ増えてった体重は、何をしても減らなくなっていました。

身体が、栄養失調でも生きて行けるようにしてくれていたんでしょう。

もしくはお酒が栄養源だったのかもしれないけど。(んなわけないか。)


人には言えないどん底時代到来。

沖縄での2年半を経て、関西で2店舗目を出すために京都に移住した頃

玄米がダイエットにいいと聞きつけて食べ始めるようになりました。

すると、劇的に体調が良くなったんです。

う〇子さんがモリモリでるようになって、めっちゃ驚いたし、何をしても減らなくなっていた体重がスルっっと落ちていきました。

この体験がきっかけで、2店舗目のコンセプト 『食べてキレイになるゴハン』が出来上がり、食事制限があっても気にせず食べられる、何より私が行っても食べられるお店を作ろうと思っったんです。

程なくして2店舗目のcafeをオープン。

玄米と野菜中心のお店だけど、お肉やお魚もあるし、ベジタリアンにもアレルギーにも対応できる。

動物性の油は使わず、白砂糖も使わない。マヨネーズは豆腐で作り、スイーツは卵も乳製品も使わない。そんなお店。

ところがどっこい、こんな店やっておきながら、私の食生活は人にとてもじゃないけど見せられない程乱れまくっていたんです。

食事の時間がなくなり、変わりに空腹を紛らわすためにお酒を常に飲み

キッチンでつまみながらチューイングの繰り返し。(おかげで虫歯もめっちゃ増えた…)食事したときの罪悪感は消えず、店のトイレで吐いたことも。

今じゃ考えられないですが、家には包丁1本すらありませんでした。

こんな食生活を知られたくなくて、食べるところを見られるのが怖くて、人と食事すらできない自分。

店長に任せていた沖縄の店はうまくいかなくて、人の手に渡りました。

好きな人も私から離れて行きました。

朝から夜まで休み無く働いても生活はギリギリ。

思うようにいかない毎日は、私の心をどんどん疲弊させていきました。

自分をみじめに思えば思うほど、心は不自由になり、自分の嫌なところが目につくばかりで、自分を愛せず、食事も生活も雑になり、豊かさとはかけ離れてったんです。

▶次に続く


  --- --- --- INFORMATION --- --- ---

米国NTI認定 ホリスティック栄養コンサルタントYORIKOが、最新の栄養学をベースに作った
【レシピ付ダイエットガイド本】読者の方にプレゼントです(´∀`)

Daily Food Journal
痩せるコツは、まず自分を知ることから!
ママのダイエットが家族の健康にもつながる【ボディタイプ診断】
無料ダウンロードはコチラから


Vigilatte Cafe (2)
オンラインによるカウンセリング・食事改善プログラムについては
コチラ↑よりお問い合わせ下さい。

Vigilatte Cafe (5)

食やダイエット、子育ての悩みや質問は
コチラ↑のFBページに自由に投稿して下さい!