BAKS Clothing Co. (4)


そんなある日、福井県にある『断食道場』を見つける。
私は店をスタッフに任せて行ってみることにした。体重を減らしたいだけやったと思う。その時で44kgくらいやったかな。とりあえずもう自分に自信がなかった。痩せたら自信が出てくるものだと思い込んでいた。

そこの断食道場は全国から摂食障害の人が集まるようなとこで、心の講話が毎日のカリキュラムに組み込まれてた。

その心の講話が、私に衝撃と気付きを与えてくれた。

それは、あの大嫌いで、母親だとすら思いたくないオカンに

認めて欲しかったんや。私が望むような愛し方で愛されたかったんや。って事やった。

涙が溢れようとしているのをこらえながら講話を聞いていた。認めてもらいたくて、愛してもらいたくて、外見を必死に磨こうとしていた事にようやく気付いた瞬間だった。なんだか理由がわかってホッとした。もう認めてもらおうとしなくていいし、自分で自分を認めてあげればいいんだと思った。

そして、食は自分を苦しめるものではなく、心を豊かにするものだと気づかせてもらった。

それを期に、私は吐く事をしなくなった。食をおろそかにせず、買ってきたものでも自分の為にお皿に盛り付けたりして、今までしてこなかったことをするようにした。それは自分を大事にする事に繋がっていた。

少しづつ、気の合う人となら食事が一緒に出来るようになっていった。今じゃ誰とでも大盛りのご飯を一緒に食べられる笑

こうして長い長い摂食障害は終わりを迎えた。結局、摂食障害はココロの問題だった。


これでハッキリしたこと。

それは、心が自由でない限り、今の自分にOKが出せない限り、痩せようが、着飾ろうが、満足することはないんやってこと。

39kgになった時、40kg台に戻るのが怖くなるだけやったし、40kg以上になったら太ってしまった自分を攻め続けるだけ。どうにかして私だけの色を出そうとして、ピアスの穴をいっぱい空けたり、刺青を入れたりするんやけど、やってもやっても自信なんて持てなかったし、自分の価値がどこにあるのか探し続けるだけやった。
ブランド物で身を固めてる中身スカスカの人っているやん?ダッサ。って思ってたけど、私がソレやったなんてなー。私、ダッサ笑

Jules and Sam's Wedding Celebration

今、その苦しかった頃の私が目の前に現れたら、こう言ってあげたい。
『そのままで全然ええやん。あんた、既にめっちゃ価値ある人やって!』って。

だからね、もし今、数字や食べる事にがんじがらめで、心まで囚われてしまっている人がいたら、どうか自分自身に言ってあげて欲しいんよ。

『そのままで ええんやで。もう自由になって ええんやで。』ってね。

長々と書いたけど、これが誰かの心を少しでも楽になったら、食に囚われてしまってる人の助けになったらと心から願うばかりです。

そして、みんなの心がフワァ~っと軽く、自由になりますように♡ 

with love, YORIKO


  --- --- --- INFORMATION --- --- ---

米国NTI認定 ホリスティック栄養コンサルタントYORIKOが、最新の栄養学をベースに作った
【レシピ付ダイエットガイド本】読者の方にプレゼントです(´∀`)

Daily Food Journal
痩せるコツは、まず自分を知ることから!
ママのダイエットが家族の健康にもつながる【ボディタイプ診断】
無料ダウンロードはコチラから


Vigilatte Cafe (2)
オンラインによるカウンセリング・食事改善プログラムについては
コチラ↑よりお問い合わせ下さい。

Vigilatte Cafe (5)

食やダイエット、子育ての悩みや質問は
コチラ↑のFBページに自由に投稿して下さい!