ごあいさつ。
“心が自由になる”ダイエットコーチ / ホリスティック栄養コンサルタント YORIKOです。
私は2児の母ではありますが、自分の自由とキレイが何より大事!な【我がママ】です。笑
手はじめに、過去の摂食障害を克服し、心が自由になっていくまでの赤裸々ストーリー、是非読んで下さい! ⇒ MY STORY

食事のイチャもんに毎回バトる!

うちの4歳になったばかりの息子は、ゴハンに対するこだわりが強くて

ほぼ毎日のようにバトる(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!

『おかず、こんだけしかないのー?』
(4品も5品もだしてるのに!)

『〇〇食べる!冷蔵庫にあるから!』
(ないのに、あると言い張るので、最終的に
無いもんはナイねん!ほな自分で買いに行け!ってなる)

『なんでお味噌汁温めたん?冷たくして!』
(良かれと思って温めたのに…なんやねん。プン…)

こんな事が日常、垂れ流しに起るのですが、

きっと、ウチだけじゃないはずやと思うんです。

こんな時、私は優しく子供をなだめられ

ません!笑

20180922_170005_0001


何の効き目も無いセリフ。

『あんたのために作ったのに!』

『一生懸命作ったんやで!!』

『私の時間を何やと思ってんねん!』

ついつい言ってしまいがちな、
言わずとも、心の中では叫んでしもてる、このセリフ。

何でこの “何の効き目も無いセリフ” をつい口にしてしまうのか

私、気付いたんです!!


そもそも、オカンに今まで同じような事を言われるたびに

『あんたのために作ったのに!』
→知らんがな、あんたが思いが重いわ。

『一生懸命作ったんやで!!』
→知らんがな、手抜いたらよろしいやん。

『私の時間を何やと思ってんねん!』
→知らんがな、あんたの時間の使い方が間違ってるんちゃうの。

って思ってきた自分が、そんなこと言っても無駄だ

ってことは100も承知なんですよね。


その証拠に、息子が

『ヨリがボクのために、時間を割いて、
一生懸命作ってくれたんやし、食べるわ!』

なんて言った試しもないし、食べてくれたこともないです。

キライなものはキライ。
好きなものはもっと食べたい。
おかずに好きなものが入っていないとイヤ。

子供はどこまでも自分に正直。

ママがどういう気持ちで作ったとか
どれだけの時間がかかったとか

正直、子供にとってはどうでもええんです。


あなたの事を思って…はウソ。

だからふと思ったんです。

【あんたを想って、時間をかけて、一生懸命】なのは

あんたの事を想って、時間をかけて一生懸命作ったゴハンで、
あんたが満足して、幸せで笑顔になってくれて
健康でいてくれたら・・・・

私がハッピー!!!やからやん!ってね~

私のハッピーために子供の事を想い、時間をかけて
食事を一生懸命作るって・・・・

私のためやもん、当たり前やん!

結論、どこまでも【我がママ】やねんな!


意識の向け方を変えてみる。

子供のためにゴハンを作ってるっていう意識も
子供のために彩りよく、栄養の事も考えようっていう意識も
子供のために野菜料理もしなくちゃっていう意識も

最終的に自分のハッピーのためなんやって、

自分方向に意識を向けれたら

どんどん自分がキレイになっていけるし、子育ても楽になっていく。

やっぱり【我がママ】って…ええやん♡
って思っちゃいましたよね.。゚+.(・∀・)゚+.゚


今日も晩ゴハンを食卓に並べた後、息子に

『いち、に、さん、し,,, 何で4しかおかずないの?』
『すーくーなーい!!たりひんのー!!!』
『もーいや!どっかいく!!』

とかって言われましたけどね。

何も言わずに、抱きしめてやりました笑

その後はおとなしく食べておりまたとさ。


  --- --- --- INFORMATION --- --- ---

米国NTI認定 ホリスティック栄養コンサルタントYORIKOが、最新の栄養学をベースに作った
【レシピ付ダイエットガイド本】読者の方にプレゼントです(´∀`)

Daily Food Journal
痩せるコツは、まず自分を知ることから!
ママのダイエットが家族の健康にもつながる【ボディタイプ診断】
無料ダウンロードはコチラから


Vigilatte Cafe (2)
オンラインによるカウンセリング・食事改善プログラムについては
コチラ↑よりお問い合わせ下さい。

Vigilatte Cafe (5)

食やダイエット、子育ての悩みや質問は
コチラ↑のFBページに自由に投稿して下さい!